スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら

20139101.jpg

さく・・・!

sakura.jpg

さっちゃん。

sakura1.jpg

なぁに♪


実家のセキセイの桜。

病院に連れて行く前日に撮った写真。

・・・・・

さくらを今日 病院へ連れて行きました。

病院はかかりつけのこちら 横浜小鳥の病院 

今現在二歳半のさっちゃんですが
一歳の冬、胃の調子が悪くこちらにかかりました。

その時はもともと胃が弱い子なのかもしれない、
との診断で胃薬を一月飲み改善しましたが

今回また同じ様な症状が出てしまい
しかも私が見た所 前回より悪い様子でした。

頭に何か付いてるのは 吐しゃ物で
更に今回は便の様子も悪い。

おかしいなと思ったのが先週の金曜で
予約が取れたのが今週の金曜だったのですが

ほんとうに気のせいかもというレベルでしたが
(動物は弱った所を最後までみせませんよね)
どうしても土、日と徐々に悪化しているように思えたので
昨日先生に再度相談し、今日、火曜日の予約を取らせていただきました。

元気がなく、すぐに膨らんで眠ろうとし始めたのは
まさに月曜日のことでした。

・・・・・

そして今日の診察の結果

前回のレントゲンと比較しても
胃の状態は悪くなっていました。

セキセイはもともと胃が弱いこが多いので
これに当てはまる慢性胃炎持ちか、
胃がんの疑いあり との診断結果でした。

胃がんかどうかはレントゲンでは判断不可能で
胃炎であっても胃がんであっても
治療方針は同じ 対処療法になるということでした。

さらに慢性胃炎に完治は無く
これからも気温、気圧、またなんらかのストレスがかかった時
同じ様な症状が起こる可能性は十分あり
一生付き合わなくてはいけないとのこと。

・・・・・

とりあえず今現在の状態があまり良くないので
入院して強制給餌やその他の処置をしていただくことを選びました。

しかし入院させることで起こるストレスによるリスクも大きく
どちらを選ぶべきか 
先生と沢山相談させていただきましたが
どちらを選択しても正解はないような状況でした。

幾度となく繰り返される、
「急変することもあります」「なにが起こってもおかしくない状況」

病院は入院させ預かるにあたり起こりうる
最悪の事態を伝えるのが仕事だ とはわかっていながらも

今さくらをここにおいていったら

今たしかに目の前に存在しているさくらが
目を離したことによっていなくなるかもしれない

今目にしているさくらを見るのがさいごになるのかもしれないんだ

本当にばかだけど、親ばかだけど
私は一人号泣してしまいました てへへ・・
元気で帰ってくるのにね!
さっちゃんと先生を信じなくちゃだめだよね!

・・・

お迎えは土曜日の予定です。
ちょっとおやすみしますが 
またさくらと共に 元気で帰ってきたいと思います。
プロフィール

おけいさん。

Author:おけいさん。
2009年生まれのシマリス 
リリー(オス)と
2014年生まれのフクモモ 
モコ。(メス)

afternoon tea
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
メールフォーム
ナニかございましたら~

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
RSSリンクの表示
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。